サーバーのPHPバージョンアップで気を付けること(ワードプレス)

レンタルサーバーのPHPを5から7に上げたら、ホームページにエラーが出て見れなくなった!
WordPressの管理画面にもが入れなくなった(T_T)
という事例に多い原因です。

まずWordPressとPHPバージョンの動作環境です。

WordPress5.5 系
PHP 5.6.20 – 7.4(7.4 以上推奨)
WordPress5.3 – 5.4 系
PHP 5.6.20 – 7.4(7.3 以上推奨)
WordPress5.0 – 5.1 系
PHP 5.2.4 – 7.3(7.3 以上推奨)
WordPress4.9.0 – 4.9.4
PHP 5.2.4 – 7.2
WordPress4.0 – 4.6
PHP 5.2.4 以上

「画面が真っ白になって見れなくなった!」
の原因は、WordPressのバージョンが古いことが多いです。

例えばサーバーのPHPバージョンを5.3から7.3に上げたとします。
この場合、WordPressは5.0以上でないとダメです。

WordPressが4以下の場合、動作環境にマッチしていないのでPHPをバージョンアップする前に、WordPressを最新に更新しておくことで、エラーが出なくなります。
※その他、プラグインやテーマ内のPHP等による場合もあるので一概には言えませんが

ご相談があった実例

WordPress : 4.9.15
レンタルサーバー:ロリポップ
PHPを5.3から7.4にアップ

PHPが5.3のままだと、WordPressの最新5.5.1に更新できない。
→ロリポップの管理画面で、一旦PHPを7.1にアップ(5分ほど時間がかかる)
→WordPressを最新の5.5.1に更新
→ロリポップの管理画面で、最新のPHPを7.4にアップ
→終了

TOP