Evernoteから移行「OneNote Importer」が使えないのでやったこと

長年にわたり利用したEvernoteですが、2020年のアップデートから使い勝手が悪いので、有料プランの契約更新を機にOneNoteへ乗り換えることにしました。

EvernoteからOneNoteへはマイクロソフトの公式ツール「OneNote Importer」が提供されており自動移行ができるとのことですが、私の環境では何度やっても上手くいきませんでした。

正解かどうか分かりませんが(代替案を検索しても情報が無く)、自己流でやったことを投稿します。

1. Evernoteのノートを HTML 形式でエクスポート
2. エクスポートしたHTMLファイルをInternet Explorerで開く
3. 画面上で右クリック「Send to OneNote」を選択

これを繰り返しました。
基本、手作業なので、すごく時間がかかりました。

移行したパソコン以外(同期パソコン)では添付ファイルが開けませんでした。
※リンクの階層が異なるため
試していませんが、Evernoteからエクスポートする際、外付けに保存すれば直接添付ファイルが開けるかもしれません。

私の場合、一気にやりすぎて同期が追い付かずエラーが出てしまいました。
ノート数が多いときは何日かに分けて、同期の様子を見ながら行った方が良いです。
※セクションを分けた方が同期が早かったです

それと、エラーが出たときにマイクロソフトのサポートセンターに電話しました。
その時に言われたのが、
1つのノートブック(ページではない)の上限は2GB までだそうです。
これを超えるとエラーが出る可能性があるとのことでした。

Evernoteを長年にわたり利用している場合は、それ相応にデータ量も多くなっていると思われるので、ノートブックも分けた方が良いと思います。

 

TOP