地域密着の誠実で安心な広告代理店です!まずはお気軽にご相談ください。

ホームページが更新されていない場合

ホームページの更新したのに、今までの情報のままで変わっていない?

そんな時は、パソコンにキャッシュが残っている場合があります。

キャッシュとは『現金』・・・ではなく、一時的に保存する場所や、保存した場所のデータのことを言います。

ホームページの変更を行ったのに内容が変わっていない場合、 記憶されたキャッシュが残っており、その情報が表示されている可能性があります。

因みにキャッシュの役目は、ブラウザ(InternetExplorer・Firefox・GoogleChrome等)の表示を早くするためです。
サーバーの情報を読み込むより、パソコンの情報を読み込んで表示させたほうが早いわけです。

その為、各ページをご確認いただく際には、ブラウザの左上やアドレスバーの右横にある、 『更新』ボタンや『最新の情報に更新』等のボタンを押して、ご確認ください。

Internet Explorer 10(Windows版)ホームページ更新方法の例

例1:更新したいページを表示させて、[最新の情報に更新]ボタンをクリックする。

更新したいページを表示させて、[最新の情報に更新]ボタンをクリック

例2:更新したいページ上で『右クリック』⇒『最新の情報に更新』する。

更新したいページ上で『右クリック』⇒『最新の情報に更新』


上記操作後に未だ更新がされていない場合は、スーパーリロードをお試しください。

スーパーリロードの方法【例】

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)

Ctrl + 更新ボタン
Ctrl + F5

Firefox(ファイヤーフォックス)

Shift + 更新ボタン
Ctrl + F5

Google Chrome(グーグル クローム)

Ctrl + 更新ボタン
Ctrl + F5